格安スマホはなぜ安いのか

格安スマホが安さを実現できるのには様々な理由があります。
まず、スマホと格安SIMの組み合わせになりますが、スマホ自体は低スペックの安いものからハイスペックの高価なものまで様々であり、大手と比較して性能の悪い製品しか使えないという心配はありません。



格安スマホではSIMが自信で通信設備を保有しておらず、大手から借り受けて運営しています。



利用料はありますが、設備を設置して管理する必要がなくなるので費用を削減できる仕組みです。

格安スマホであっても設備は大手のものなので通信品質には問題がなく、安心して利用できます。料金プランも利用が少ないときに適したものが用意されており、最も安いものでは無料通話分がなく、電話するたびに料金が発生するので電話が多いと高くなるケースがあるので注意が必要です。

最近では料金は上がりますが無料通話分のあるプランが用意されているところもあるので適したものを選びましょう。

通信品質は同じであっても借りている容量までしか使えないので、データ通信が集中する場合に通信速度が著しく低下してしまう欠点もあります。


自宅のwifiを使っていたり、集中する昼や夕方頃を避けて利用するのであれば影響は小さいです。

サポートも不十分になるので注意しましょう。
基本的には店舗がなく、ある場合でも僅かであるため来店してサポートを受けるのが難しいです。



また、多種多様な端末を使えるため、サービスではなくスマホ自体に不明点がある場合にはメーカーに連絡しなければならない場合もあります。