SIMフリー端末の使い道とは

SIMフリー端末とは、どの携帯会社のSIMカードでも差すことができるものになります。

従来の日本では端末と携帯会社が同じところでした。



海外では、前から端末の会社と通信会社は別々でしたので、ユーザが自分自身でSIMカードを購入してきてそれを端末に差し込むなどを行っていました。

それが日本では必ずセット販売でしたのでユーザ自信の手ではそのようなことは行わずに基本的にはすべて店員が行ってきたため、一般の人々にはSIMという言葉さえ浸透することはありませんでした。

しかしながら、この数年来このSIMカードという言葉が多くの人に浸透してきました。



それの理由がMVNO会社がサービスを提供する格安SIMの存在があります。



このサービスを使うと月2000円程度で携帯電話の代金が済むことになりますので、キャリアであれば月6000円近い値段がすると思われますのでそれを考えればかなり安く携帯電話を使うことが可能になります。
そのためには、キャリアなどで購入した端末をSIMフリーにする必要があります。


現在であれば手数料はかかりますが、SIMフリーにすることは各キャリアのショップに行ってくれます。

そして、この端末を持ち込んでMVNOの会社と契約することができれば上記のように安い値段で携帯電話を使うことが可能になるでしょう。もちろん、値段が安い分サービスレベルは低くなりますが、一定以上のスマートフォンの知識さえあれば特に問題なく使うことが可能といえます。