インフルエンザ速報

こちらではインフルエンザの感染経路や予防するためのグッズやアプリなどを紹介します。

インフルエンザウイルス

医薬品を個人輸入代行で購入

近年では、医薬品を個人輸入代行を利用して購入する方が多くなっているようです。
海外医薬品は純正品のジェネリック医薬品などもあるので、安価に購入できることや種類が豊富なこともあり購入される方が増えているようです。
ED治療薬やダイエット医薬品、まつ毛育毛剤など女性や男性でも気軽に購入できるので人気のようです。
個人輸入代行を利用すると、医療機関に行く手間が省けることや自宅で簡単に注文ができるという点が購入される方の利点となっています。
また、例で言いますとバイアグラのジェネリック医薬品もあるので、購入者にとっては少しでも安く使えるとあって購入される方が多いようです。
しかし、個人輸入代行を利用するにも注意が必要なことを分かっていないと、詐欺にあってしまうことや医薬品のニセモノが届くことなどあるので注意しなければなりません。

ここで個人輸入代行を利用する上での注意点をまとめたので、今後利用しようと考えている方は参考にしてください。
一度に注文できる医薬品は2ヶ月分、医薬品部外品は24個までとなっており、個人輸入した医薬品は第三者へ譲渡することは禁じられています。
ご存じだとは思いますが、国内でも罰則される覚せい剤などは個人輸入できません。
個人輸入された医薬品等を使用して副作用などが現れても自己責任となるので注意してください。
海外医薬品の用量用法などは全て英語などで示されていますので、事前に注文される医薬品の情報を調べられるか、医師や薬剤師に相談されるとよろしいです。
また、個人輸入代行を利用する際は信頼性のある業者から購入されることをお勧めします。
以上のことに注意して個人輸入代行を利用してみるといいでしょう。

分からない点などは厚生労働省のホームページなどで確認してから利用してください。