インフルエンザ速報

こちらではインフルエンザの感染経路や予防するためのグッズやアプリなどを紹介します。

インフルエンザウイルス

予防接種の間隔を知った上でインフルエンザの予防

インフルエンザの予防に取り組むにあたってまず重要なのは、インフルエンザが流行る月について知ることです。
インフルエンザが流行る月は11月から翌年3月にかけての期間です。例年の流行の大まかな推移について述べると、インフルエンザの患者があらわれはじめるのは11月頃で、年が明けるまでは患者の数はどんどん増加していきます。そして、1月から2月にかけて患者数がピークに達し、3月に入ると患者数が減少していきます。インフルエンザが流行る月は、日本では気温が低く、空気が乾燥しやすい時期にあたり、この環境がウイルスに適しているため毎年流行が発生しています。手洗いインフルエンザが流行る月にさしかかったら、いつも以上に念入りにうがいや手洗いを行ったり、食事や睡眠をしっかりとることが、予防をするために重要となります。
インフルエンザの流行る月を知ることは、予防接種を受ける時期を決める場合に非常に重要です。ワクチンの効果が現れるのは、接種を受けてから2~3週間経過した時期となっているため、前述の流行するシーズンから考えると、予防接種を受けるのに最も適している時期は10月から11月までの間となります。また、インフルエンザワクチンの接種は、13歳未満の子供に対しては2~4週間程度の間隔をあけて2回行わなければ、十分に効果がでません。子供はウイルスの感染力が強いため、流行する時期を知らないままでいたり、間違えて把握していたりすると、たとえ十分な間隔をあけてワクチンを接種していたとしても、教室などで同級生からウイルスをうつされて感染する可能性があります。もし、2回目の接種時に、事情があって1回目の接種から4週間以上の間隔があいてしまう場合は、体内の抗体の減少を防ぐためにも、極力早期に2回目の接種を受けるようにしましょう。