インフルエンザ速報

こちらではインフルエンザの感染経路や予防するためのグッズやアプリなどを紹介します。

インフルエンザウイルス

インフルエンザ予防接種後の腫れは抗体の生成の証拠

予防接種インフルエンザは、発症すると高熱や身体の痛み、腹痛や下痢を引き起こすことがあります。その感染を予防するために行われるのが予防接種です。

インフルエンザの予防接種後、注射をしたところが腫れる人がいます。心配になってきますが、注射の跡が腫れたり、赤くなったりするのはインフルエンザのウイルスに対抗するための抗体がちゃんと作られているという証拠です。腫れ以外にも予防接種後に見られる副作用として、頭痛や発熱、倦怠感や痒みなどがありますが副作用は一般的には軽く、2~3日で治まることが多いと言われていて、予防接種を受けた10~20%の人に予防接種後に腫れなどが起きるようです。数日たっても副作用と思われる症状に変化がない場合には、すぐに医師に相談を行ってください。
(副作用がないからと言って、抗体が作られていないわけではありません。その時の体調によって副作用が出ない時もあります)

腫れや痒みが副作用だと言っても、あまりにも広範囲に広がる場合は注意が必要です。まれに、呼吸が苦しくなったりじんましんが出るなどのアナフィラキシーショックを起こすこともあります。アナフィラキシーショックは呼吸困難を引き起こしたり血圧の急激な低下で倒れることがあります。この場合は、予防接種後数分~数時間で反応が出ます。
卵アレルギーのある人も注意が必要です。インフルエンザの予防接種に使用するワクチンは、鶏卵を使用して作られています。卵アレルギーの人は事前に医師へ相談してください。

予防接種は100%完全にインフルエンザの感染を防ぐとは言い切れませんが、感染リスクを減らす有効な手段です。副作用というリスクがあるのも理解の上で接種を行うようにしてください。