インフルエンザはどのようにしてかかるのか?

インフルエンザはどのようにして感染するのかをご紹介します。
感染経路を知ることによって、インフルエンザの予防ができますので知っておかれるとよろしいです。
インフルエンザウイルスは人の咳やくしゃみ唾液、鼻水などによって感染します。
経路としては3つあり、飛沫感染、接触感染、空気感染があります。

飛沫感染は、咳やくしゃみにが出たことで一緒にウイルスも放出されるため感染されることを言います。
接触感染は、ウイルスが付着したものを触れてしまい、その手などで顏などを触ってしまい口や鼻から感染することを言います。
空気感染は、細かい粒子のウイルスが空気中に潜んでいるため、空気を吸い込むことによって感染してしまうことです。
インフルエンザウイルス感染しないためにも感染経路をしっかり知り、なるべく感染しないようにしましょう。
またインフルエンザに感染しないためにも、かかりにくい環境にして体力や免疫力を高めると予防することができます。

インフルエンザを防ぐ方法としては、次のようなことを参考にしてください。
有効な予防対策としては、インフルエンザが流行する前にワクチンを接種してください。
毎日の日課として手洗い・うがいを心がけ、外出される際はマスクを着用しましょう。
インフルエンザウイルスは乾燥を好むため、自宅では部屋の中を乾燥させないように湿度を50~60%にし、こまめに換気するようにしてください。
インフルエンザ 症状は風邪とは違い急激に症状が悪化するので、感染が分かった場合には48時間以内にタミフルやリレンザ等の抗インフルエンザ治療薬を使用してください。
また、インフルエンザが流行している際は、できるだけ人混みが多いところは避けると感染を防ぐことができます。
感染後、熱が下がって2日経過しても、症状がきちんと完治してから外出するようにしてください。